カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
»ENGLISH[under construction]

姫 土鈴/相場るい児

姫 土鈴/相場るい児  

< 注 意 >
★本作品は着払い発送(お客さま負担)となります。
★本作品は店頭でも販売しております。既に売約済みの場合もございますので、予めご了承下さい。
★本作品はご注文確認後、準備出来次第の発送となります。
★ご購入について詳しくはこのページの下に記載しています。
必ずご確認の上、お申し込みください。

姫 土鈴/相場るい児

価格:

27,000円 (税込)

[ポイント還元 270ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


姫 土鈴/相場るい児

作品サイズ(顔が正面):約 幅50mm/高さ120mm/奥行50mm


『土人形(土鈴)』

1999年秋の頃だったか。
大阪天神橋のギャラリーで発表された相場るい児の作品は、明治以降すっかり姿を消してしまった縁起物としての女陰や男根を象った土人形だった。
素焼きした土に胡粉をかけ、魔除けの色として使われてきた赤で彩色。
伝統的な技法で仕上げられた相場の土人形達は、20年の歳月に洗われた今も鮮烈な印象を放っている。
呪力を内に抱き、玩具でもあり、人形としても魅了的なこの作品を、久方ぶりに提供してもらい断章‐Fragments‐展に出品した。

近頃は茶器や酒器、花器などを手がけることが多い相場だが、その作陶は人形制作から始まった。
もともと人形が好きで人形を作りたくて陶芸の道に入った異色の経歴の持ち主なのだ。

土人形を始めとする相場の人形達にこめられた呪術的要素は、器にも染み込んでいるのだからおもしろい。
2018年秋の頃。
京都山科・春秋山荘で発表した旅茶碗の一連などでは特にその印象が強い。
旅茶碗は抹茶茶碗より小さく湯飲みよりは大きな、携帯しやすく使い勝手の良い器。
相場はここに物の怪の気配をうつした。
実用だけの陶器ではない相場の旅茶碗の魅力は、それがどこか人形的でもあるからなのだろう。

(文:篠塚伊周)


himedorin_1_800.jpg himedorin_2.jpg himedorin_3.jpg himedorin_4.jpg himedorin_5.jpg himedorin_6.jpg
断章〜Fragments〜展

2019年3月1日[金]〜3月31日[日]★金土日祝のみオープン
■金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00
■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

1903_fragments_DM_omote.jpg1903_fragments_DM_atena.jpg



☆お申し込みが完了すると、自動返信のメールがお客様に届きます。
その後、確認メールをお送りいたします。

☆店頭にて既に売約済みの場合もございますので、予めご了承下さい。

☆本作品は着払い発送(お客さま負担)となります。
☆デリケートな作品のため、他の商品との同梱発送はできません。単体での発送となります。

発送の準備が出来ましたら、改めてご連絡いたします。

ページトップへ