カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
»ENGLISH[under construction]

イベント[青柳いづみこ&高橋悠治 トークショー]

青柳いづみこ&高橋悠治 トークショー


ご予約について詳しくはこのページの下に記載しています。
ご確認の上、お申し込みください。

イベント[青柳いづみこ&高橋悠治 トークショー]

販売期間:
2019年05月24日13時00分〜
2019年06月29日11時59分
価格:

1,800円 (税込)

[ポイント還元 18ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる



青柳いづみこ&高橋悠治 トークショー
「耳の帆を張り」――音楽と詩の交錯



高橋悠治はとりわけ言葉に反応する、
というのが「高橋悠治」論の著者、青柳いづみこさんの感想。
言葉に何を聴き、何を音に紡ぐのか。
高橋作品を入り口に、言葉と音のかかわりなど、音楽と詩をめぐって
お二人に語り合っていただきます。
聞き手は、詩に詳しい評論家の樋口良澄さんです。



+─────────────────────────────────+
 6月29日[土]16:00〜(15:30開場)
+─────────────────────────────────+

★出演︱青柳いづみこ 高橋悠治
 司会・進行︱樋口良澄

★料金︱前売:1800円︱当日:2300円
※展覧会入場料を含む[開催中の展覧会をご覧いただけます]

★会場︱パラボリカ・ビス
 東京都台東区柳橋2-18-11
★お問い合せ︱TEL 03-5835-1180

+++

★取り上げる詩人と曲目(予定)
───────────────
●矢川澄子「だるまさん千字文」/水牛楽団のアルバム より
●福井桂子の詩による歌曲集/肥後幹子リサイタル より
●長谷川四郎の「猫の歌」/波多野睦美×高橋悠治/猫の歌 より
●時里二郎「鳥のカタコト 島のコトカタ」/風ぐるま2 より
●藤井貞和「あけがたの」より [朗読・藤井貞和]
●ピエール・ルイス「ビリティスの歌」/6つの古代碑銘 より[翻訳・高橋悠治/朗読・青柳いづみこ]
※約1時間半〜2時間を予定

★★★サイン会
青柳いづみこ『高橋悠治という怪物』(河出書房新社)、CD『ドビュッシーとパリの詩人たち』など、
当日、会場で販売いたします。
会場でお求めの方には、お二人がサインいたします。ダブルサインも!!

+ + + + +


会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。






★出演者プロフィール

青柳いづみこ
ピアニスト・文筆家
───────────────
演奏と執筆を両立させる希有な存在として知られ、著作は28点、CDは16枚。『翼のはえた指』で第9回吉田秀和賞、『青柳瑞穂の生涯』で第49回日本エッセイストクラブ賞、『六本指のゴルトベルク』で第25回講談社エッセイ賞、CD『ロマンティック・ドビュッシー』で第23回ミュージックペンクラブ音楽賞。高橋悠治のメールのやり取りから、2014年にエッセイ集『どこまでがドビュッシー?』、2018年には評論『高橋悠治という怪物』を刊行。高橋との連弾で2016年『大田黒元雄のピアノ』、2017年『春の祭典・ペトルーシュカ』、2019年『ドビュッシーとパリの詩人たち』をリリース。
https://ondine-i.net



高橋悠治
作曲家・ピアニスト
───────────────
作曲・演奏とフリーの即興、詩人とのコラボレーション多数。1960年草月アートセンター、1974-76年季刊誌「トランソニック」編集、1978-85年「水牛楽団」「月刊・水牛通信」などの活動。主なCDに『バッハ:ゴルトベルグ変奏曲』『クセナキス&メシアン:ピアノ作品集』『エリック・サティ:新・ピアノ作品集』『鳥のカタコト 島のコトカタ』『余韻と手移り』など。6月に『ことばのない詩集』がリリースされる。主著に『高橋悠治/コレクション1970年代』『音の静寂 静寂の音』(平凡社)、『きっかけの音楽』『カフカノート』(みすず書房)。
http://www.suigyu.com/yuji/



樋口良澄
───────────────
1955年東京生まれ。1980年代から文学やアートをめぐる批評を発表し、「現代詩手帖」「文藝」「FRAME」などの雑誌を編集する。「ジョン・ケージ」、「ロラン・バルト」、「越境する世界文学」などの臨時増刊号は大きな話題となった。現在は、20世紀の「モダニズム」、「前衛」の再検討を主軸として、現代文学、アート、パフォーマンスの批評、プロデュ―ス等を行なっている。関東学院大学客員教授。主な著書に『木浦通信』(吉増剛造との共著)、『唐十郎論』、『鮎川信夫、橋上の詩学』(小野十三郎賞受賞)など。明治大学唐十郎アーカイヴの創設に関わり、2018年には企画展「実験劇場と唐十郎」を監修した。




★料金は前払いとなります。
★キャンセルされる方は事前にご連絡をお願いいたします。
★当日お越しになれなかった場合、発生したポイントは失効となります。
★ご入金済みのお客様で、お客さまのキャンセルによるチケットの返金はできませんのでご了承ください。


【イベントご予約】
★ショッピングカートにイベント以外の他の商品が入っていますと、ご一緒のご購入・前払いになりますのでご注意ください。

★お申し込みが完了すると、通常のお買い物と同じ自動返信のメールがお客様に届きます。
その後、個別にご予約番号などを記載したメールをお送りいたします。
★自動返信メール受信時、すでに店頭販売等で定員に達している場合もございますのでご了承ください。
★ご予約番号のメール返信をもちまして、イベントご予約確定となります。
★当日メールをプリントアウトしてお持ち頂くか、ご予約番号を控えて受付にお越しください。

★キャンセルされる方は事前にご連絡をお願いいたします。
★当日お越しになれなかった場合、発生したポイントは失効となります。


★このイベントのご予約に、ポイントはご利用頂けませんので予めご了承ください。
★このイベントのご予約でポイントは発生いたします。
★このイベントチケットご予約に送料はかかりません。
あと●●円で送料無料と表示されますが、送料は発生しませんので、御安心ください。


★ご入金済みのお客様で、お客さまのキャンセルによるチケットの返金はできませんのでご了承ください。


【他の商品と併せてのご購入】

★通常のお買い物と同じように、他の商品と併せてご注文ください。
他の商品とご一緒のご購入・前払いになります。ポイントもご利用いただけます。
★他の商品と併せて5400円以下の場合は送料が発生いたします。
★代引きに変更の場合などは5400円以上でも送料がかかります。詳しくはご利用案内をご覧下さい。

★ご入金確認後、チケット引き換え用のメールをお送りいたします。
★自動返信メール受信時、またはお振込までにすでに店頭販売等で定員に達している場合もございますのでご了承ください。
★ご予約番号のメール返信をもちまして、イベントご予約確定となります。
★チケットのお引き換えは当日会場となります。
★当日メールをプリントアウトしてお持ち頂くか、ご予約番号を控えて受付にお越しください。

★商品は別途発送いたします。

★お客さまのキャンセルによるチケットの返金はできませんのでご了承ください。

ページトップへ